加齢臭の父親との同居開始で、新築の家に臭いがうつった!?

同居を始めた父親の加齢臭。対策むなしく、家の中が異臭騒ぎ

私の母親が亡くなり、私と夫で建てた家に父親が引っ越してきました。父親に2階の一部屋を貸していますが、加齢臭がきついから本当に困りました。住み始めからすぐに、部屋の中では加齢臭がしていましたが、1年ぐらい経ってからは部屋から加齢臭が漏れてくるようになりました。夫にも家が臭くなるからなにか対策をしないとね・・・言われています。確かに夫がかわいそうだし、私も臭いのが苦手だから、増築して離れ部屋を建てたいなーと思いました。でも増築して離れ部屋を建てるには、500万円ぐらいの費用がかかります。うちは、住宅ローンもまだ返し終わってないし、今すぐに離れ部屋の増築は、厳しいと思いました。

でもこのままだと、年々、加齢臭が漏れてきて、家中が臭くなるかも知れないと思い、私も対策することにしました。対策は、ファブリーズを毎日、父親の部屋にスプレーすることと、カーテンや、寝具を定期的に洗濯することです。本当は、父親の部屋なんて入りたくありません。昔から、あんまり好きじゃなかったし、加齢臭もあるし、やだなーと思いましたが、家全体が臭くなったら本当に嫌だから、対策することにしました。

効果ですが、ファブリーズを毎日ふりかけても、コマーシャルのようににおいを消すことはできませんでした。でもしないより、よいです。それに比べて、カーテンや寝具を洗うのは、ちょっと効果がありました。ふんわりよい香りになります。ただ、やっぱり完全に加齢臭を消すのは不可能だと感じました。多少は加齢臭を抑えることはできますが、完全に消すのは難しいです。でもやらないよりはマシです。少しでもにおいを、くいとめるために毎日ファブリーズをスプレーしています。また、カーテンや寝具も定期的に洗濯しています。

 

遊んでばっかりの父親には怒りを覚えるものの、夫のために

加齢臭をくいとめながら、増築費用を貯めていこうと思います。においって本当に嫌なものですね。同居の難しさを実感しました。こんな加齢臭の父親と暮らしてくれている夫に感謝です。においを我慢することって本当に難しいと思います。私もインターネットでいろいろにおい対策について調べたのですが、なかなかよい方法がありませんでした。

本当は、自分で気づいて洗濯をきちんとしたりしてくれるとよいのですが、遊ぶことばっかりで全然だめです。不潔な男性って嫌だなーと改めて思いました。増築費用が貯まるまでファブリーズとカーテンや寝具の洗濯をまめにして、もちこたえようと思います。私は、専業主婦だから父親の世話もできるので、夫のためにも頑張って対策をしていこうと思います。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事