加齢臭はオジサンだけではない。30代女子に、突如危機は襲ってくる。

30代女子の私に、加齢臭の危機が襲ってきた

若い頃、お父さんの枕カバーってなんでこんな臭いしてるんだろ!洗っても洗ってもとれない…て思ってました。加齢臭といえば男性の、しかもオジサンの専売特許くらい思ってたのに!まさか自分の身に降りかかるとは…

においのことって、自分では分かりにくいですよね、気づかない。家族に指摘されました、「なんか臭い」と・・・しょーーげき!女性で加齢臭の悩みある人がまずマレだし、しかもまだ30代後半のときで、体型的にも決して悪くないかと、自分では思っていました。

よく脂っこいもの食べる人がなる印象だけど、私は太ってないし全体的に小柄で、和食中心なんですね。なんでこんなことになろうか・・・悲しすぎる。

家族に指摘されたのは、私が起きたてのベッドが臭う、寝起き部屋が臭い、、と言われたことでした。自分では、最初は「んー?少しかおりがするような、そう?」くらいの軽い感じでとらえてました。

 

加齢臭対策は、洋服に臭いが染みこむ前に、正しく洗濯すること

ただ、一度気をつけ始めると、仕事で毎日Tシャツを着てるのですが、そのうちなんだか洗濯しても加齢臭がするようになってきたんです。そして下着のキャミソールも。恐ろしいことに、加齢臭は1度ついてしまうと、どれだけ洗濯しても、除菌消臭系でそしてお湯で洗濯しても、とれないことです。なんたること・・・。

下手に臭いのついた服と他の服を一緒に洗濯すると、臭いが移るっていうから、泣く泣くひどいのは捨ててしまいました。自分の肌着とTシャツをクンクンしてる図って、客観的に見ると、せつない。臭いを嗅ぐと、胸元と背中辺りからはっきりと臭うのですが、とくに背中のほうがひどいような気がしますね。あと、どうしようもないのが耳の後ろで、お風呂でしっかり洗うことしかできず。

とにかく洗濯物はどうにかならないかと思って、たくさん調べまくりました。
まず加齢臭を染みこませないことらしいです。それが大前提。染みこんじゃたら、早々取れないから。

なので下洗いをしてます、予備洗いと言うか。少し温度高めのお湯に臭い気になる肌着類を入れて、洗剤とともにしばらくつけておく。気になるときは、油汚れ用の食器洗剤をつかうこともありますよ。加齢臭の原因に油分があるらしいからね。で、洗剤のあとに除菌消臭の漂白剤を。これまたしばらく時間をおいて。

こうして洗濯するようしています。
ファブリーズとかの消臭剤って、その時だけ臭わなくするけど、根本的に解決されない。1度ついてしまった臭いでも消えるような画期的な洗剤できないかなぁ~とにかくついてしまって処分した過去の経験をいかすため、「染みこませない」予防で対策を講じております。

もうひとつは臭いの発生場所、耳裏、胸元、背中を、とくに念入りに石鹸たっぷりつけて洗っています!

 

加齢臭の染みこんだ布団の洗濯は要注意。中途半端に洗濯すると・・・

そんなこんなの対策のなかでやらかしてしまったこと。クサイと言われる夏用のかけ布団を、最近の天気の良さに釣られて丸洗いしたんです。結果、なんと、めっちゃくちゃ臭いがひどくなってしまった!なぜだ??
お布団の奥のほうで眠ってた臭いまで洗濯して、逆に拡散?されて全体的に行き渡ってしまったのか。まだ新しいお布団を買えてないので、フワフワと漂ってくる加齢臭とともに、一晩を過ごしてる次第です。

誰か私がこんな臭いを発する原因を教えてくれぇーー!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事