女性のデリケートゾーンの加齢臭対策には、専用の石鹸で。

あまり聞かないデリケートゾーンの加齢臭。私だけでしょうか?

とうとう私も40代に突入しました。短期のパート勤務を年に1,2回している41歳の主婦です。私には加齢臭なんて言葉は無関係と思っていたんですけど、とうとう私にも来てしまいました。

気づいたのは40歳になった去年、数カ月だけ飲食店でパート勤務をしていた頃です。最初は「やっぱり立ち仕事だし、厨房の近くだから汗をかくな」というところからでした。今までよりも汗をかくようになったから、においに敏感になったんでしょうか。なんか、汗とは違う体臭を感じるようになったんです。もう年齢的に加齢臭ですよね。

私がその臭いの元にたどり着いたのは、デリケートゾーンでした。加齢臭というと、首とか頭の頭皮とかの話は良く聞きますが、私の場合はそこが気になったんですよね。洋服とか、枕カバーはあまり気になりませんでした。若いころからデリケートゾーンはちょっとコンプレックスを感じていたのもあったかもしれません。

 

加齢臭対策には、専用の石鹸で。ただし、効果のほどは・・・

でも今回は、思っているだけでなく解消のための行動まで起こしました。ネットでお悩みグッズを見て、普段の生活に取り入れるだけの「石鹸」にしました。加齢臭対策の石鹸にはよく出てくる「ジャムウ配合」「柿タンニン」の固形石鹸です。

使ってみました。普通の石鹸よりも臭いを消すために特殊な成分が入っているからか、香りや使用感はとても良かったです。体全体に使える石鹸でした。きめが細かい泡で肌がすべすべになります。でも肝心の加齢臭に劇的に効果があったのか、と言われると自信をもって「イエス!」とは言えません。

でも全く効果がなかったとも言えないんですよね。生理中のデリケートゾーンの不快さは軽減したし、不意に加齢臭⁈と感じる臭いが鼻に届く機会は減りました。満足度は50%程度ですが、それでも行動したのとしていないのでは、雲泥の差があると感じています。

家族には私が加齢臭対策の石鹸を使っていることは秘密にしています。わざと隠しているわけではないのですが、わざわざ言う必要もないかなと思ってそのままです。夫は何も気づきません。香りが変わったので「石鹸変えた?」くらい。

でも、本当は夫にも薦めたいです。私よりも加齢臭はきついのに本人は「年をとればそういうもの」とすでに開き直っているフシがあります。どうにかできる時代なんだよ!って言いたくなりますね(^^)。今はいろんな加齢臭予防のグッズを楽しみながら、目を光らせて試しています。自分の体を意識するって大事ですね。やっぱり商品によって良し悪しがあるので、私に合った(そして夫にも合いそうな)一品を探し続けようと思っています。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事