自分のペースでマイルを貯めよう

マイルを貯めることができるのは、なにも稼ぎのあるサラリーマンやビジネスマンだけではありません。

家族全員、メインカードをANAカードに統一

私は現在50歳になる既婚者女性です。私は以前は外資系の航空会社のマイルを貯めていた為、クレジットカードも外資航空会社系のものをメインカードとして使っていました。しかし家族で統一してクレジットカードを揃えようという事になった時に、一番利用頻度が少ない私のクレジットカードを辞めて、子供と夫がメインカードとして使っているANAカードに変えました。
なので私がANAのマイルを本格的に所持するようになってからは、まだ2年弱です。

現在は子育ても終わり、夫は2年間の条件で他県へ単身赴任をしているので、一人生活をしています。自分が遊ぶくらいを稼げればよいので、知人の経営する店で気ままにパートタイムで勤めて、2ヶ月に一度は飛行機に乗り夫のところを訪ねたり、一人旅で国内外を飛び回る生活をしています。

航空券+お土産+ホテルで毎回マイル獲得

私のマイルのため方については勿論、飛行機に乗る時は少し割高になってANAを利用しますし、関連のソラシドを使うこともあります。飛行機に乗るからには何が何でもマイルをつけたいと考えているので、一人で飛行機を使う場合は、マイルを貯めることだけに集中してエアチケットを取ります。

次にお土産やご当地のものを購入したい時はANA FESTAを利用します。ANA FESTAしか利用しないと言っても過言でもないかもしれません。
北は新千歳空港から~西は福岡空港をはじめ九州全般の空港、沖縄と石垣島にまでANA FESTAはありますし、成田や羽田にも勿論存在しています。
ANAカードで買い物をすれば100円で1マイルがつくので、毎回のお土産品などを買っていると馬鹿にできないマイル数になるのです。
またその他の買い物をする時でもどんなに金額が小さいものでも徹底してANAカードを利用する事にしています。

また塵もつもればとして、ネットでホテルなどを予約する時はポイントサイトを利用する事が多いです。ポイントサイト経由にするとポイントサイト独自のポイントがつく仕組みになっているのです。
一見とても面倒に感じますが、癖にすれば問題ありませんし、一回に溜まるマイル数は少ないですが徹底する事で塵も積もれば山になるのです。

夫や子供と比べると出張が全くない分、マイルの溜まり方が遅くてイライラする事もありましたが、自分は自分なりのペースで焦らず確実にマイルを貯めることを決めればとても楽しいと私は感じています。
飛行機に乗る回数が少なくてもすぐにでも始められる楽しみとして、ANAのマイルはパートタイムで働いている方や、主婦にもお勧めです。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事